読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書感想文 白痴

I'm a hakuchi

読書感想文1 角井亮一 『物流がわかる』

 

物流がわかる (日経文庫)

日本経済新聞社 日経文庫166
2012年9月14日 初版第三刷

 

概要

物流の基本的な役割と概念を説明し、具体的な企業名を挙げて事例も紹介する。全Ⅵ章あるうちのⅡ章の2節・3節、Ⅲ章とⅣ章の全体と本書の三分の一を物流戦略の実例が占めている。いまや世界のハブ空港となった仁川空港、すでに生活に浸透してきたネットスーパー、おなじみのアマゾンやアスクル等の事例が勉強になる。

 

本書では「物流は企業戦略である」ということが一貫して言われている。いわく、

  • 物流は企業のやりたいことを実現するためには欠かせないもの
  • 物流によって企業力と商品力を高めることができる

この認識はもはや常識だ。アマゾンが注文当日に商品を配達しますと言い出し、いかに速く(早くではない!)必要なときにモノを運べるかがネット通販会社にとっての重要戦略となった。

 

かつて物流業務に従事していた身としては、なつかしく思いながらも(といっても数ヶ月しか経っていないが)物流について色々と考えてしまった。

 

物流は経済のボトルネック

過去に製造業相手に物流の提案を行ったことがあるが、とくにモノを造る人たちは物流のことを軽視する傾向が強かった。モノを削ったり切ったりするのにお金がかかるのはわかるが、モノを右から左に動かすだけのことにどうしてお金を使わないといけないのか、と。そうは言うがどんなことにも物流が絡んでくる。つまり企業がどのような方策を立てても、それを実現するにはたいがいの場合は物流のことを考えないといけない。(業種によるところもあるが。)

 

 

例えば、新しい地域に出店する場合、店舗への配送のためにトラックを増やしたり新しい物流拠点をつくる必要がでてくる。また、商品ラインナップを充実させたければ、欠品を防ぐために製造と物流の連携を強化したり、納品の回数を増やす等の工夫が必要だ。顧客と納期を話し合う際には物流を必ず考慮しなければいけない。企業活動の規模は物流のそれに大きく制約される。だから物流を専業とする会社が存在し、物流のほとんどがアウトソージングされている。確かに物流は、経済において重要な役割を演じている。

 

 

物流をサービスの中心にすえることについて

すでに散々言われていると思うが、物流をサービスの基幹として打ち出すことについては色々と無理が生じている。著者のいうとおり、物流を用いて企業の力や商品力を高めることは可能だ。本書で紹介されているアサヒビールの「鮮度実感パック」のように、工場から小売店までの納期を製造3日以内に縮めることで品質の高い商品を提供することができる。他にもセブンイレブンマクドナルドの例が紹介されているが、これも興味深い。配送の回数を増やすことでバックヤードの面積を節約し、コストの低減と売り上げ機会(売場面積)の増加を図るという。物流に力をいれることでリードタイムを短縮したり、時間指定等のサービスで利便性を高める等が典型的な手法だろう。物流をマーケティングの一手段と捉えることが本書の基本的な姿勢だ。

 

 

とはいっても物流の人的・物理的資源は逼迫する一方だ。確かに物流を利用して企業価値を高めるという著者の理念は現実のものとなってきたが、物流サービスを供給する側が技術の進歩・アイディア・需要に追いついてないのが現状だ。実際に働いてみて思ったが、物流はハードに頼る面が多いので景気の変動に対してはかなりリスキーな仕事だ。おまけに数をこなすので働いている人間への負担も大きい。資本集約型と労働集約型、両方のデメリットを被っている。

 

 

さらに物流サービスに関わる人たちに十分な対価が支払われていないという問題もある。早く商品を届けてほしければそれなりに高い運送料を払わなければならない。消費者はそんな簡単なトレードオフも理解できなくなってしまった。消費者と労働者はイコールなのだから、結局自分の首をしめることになる。例えばエクスプレスサービスに二倍の料金がかかるなら、本当にそのサービスは必要かとふと立ち止まり、判断次第ではそんなサービスはいらないとも言えるはずだ。こういった消費者としての自覚については下記のブログがクリティカルに指摘している。

 

www.wagahaji.com

 

 

かつて物流に関わっていた身としては、本書の理想としている、「企業戦略としての物流」が健全な形で発展していくことを願う。


以上